SAT721系・E721系500番台の公開予定ページです。

BVE5 SAT721系・E721系500番台 -限定先行公開は終了しました-

車両案内

仙台空港アクセス線での運用を目的に開発された車両です。
低床化の実現などが評価されて、鉄道友の会より2008年度ローレル賞が贈られました。
SAT721系は、仙台空港鉄道の自社発注車で、2両編成3本の計6両が製造された。
仙台空港線の開業日(2007年3月18日)から営業運転を開始。。
空港へのアクセスを担うために大型荷物置場が設置されている他、ワンマン運転装置やホーム監視モニタなどの設備を有しています。
車両管理業務は、JR東日本の仙台車両センターに委託されています。

E721系500番台は、仙台空港アクセス線専用の車両で、2両編成4本の計8両が製造された。
仙台空港線の開業日である2007年3月18日から営業運転を開始、SAT721系と共通運用されている。
うち、P-501編成は本系列の先行車として落成したため、一部仕様が異なっており、営業開始前に必要な改造がなされている。
クモハE721形の後位側の車端部に大型荷物置場を設置、上下2段構造で、ダンパ付きのバーを設置。
都市型ワンマン運転(運賃駅収受型)を実施するため、「ホーム映像伝送システム」が搭載、運転台にドア開閉や放送に用いるスイッチが本設置されている。
双方の車両は共通運用されています。 Wikipediaより一部改編

BVE5上の仕様

ASK様制作の統合型ATSプラグインを使用し、ATS-Psの動作を再現。
ブレーキ段数表示、モニタ(MON16)は、BVE本体の機能を使うことにより、再現(誰かPI作ってください・・・)。
路線側の設定により半自動ドアにも対応。
注意:本データの動作には、GeneralAtsPluginの導入が必要です。

対応路線

特にありません

ダウンロード

下からデータのDLを行ってください。存分にお楽しみください!!!
【限定公開は終了しました。】たくさんのダウンロードありがとうございました。
本公開までしばらくお待ちください。

 

<< 前のページに戻る

カレンダー

本日は
です。

バナー(保存してご使用ください)

↑ PAGE TOP